DM

「削除された図式 / THE SIX MAGNETS」

会期:2020年8月6日(木)-8月24日(月)
会場:ART TRACE GALLERY / アートトレイスギャラリー
時間:12:00-19:00
休廊:なし
https://www.gallery.arttrace.org/202008-handa.html


【展示作家】
荒木佑介/田巻海/半田晴子/平間貴大/三輪彩子/室井良輔

【アーティストトーク】*イベント変更のお知らせ
8月8日(土)18:00から予定していたアーティストトークは、閉廊後の19:00から無観客で行うことに変更となりました。
以下のURLからライブ配信します。
配信URL:https://www.youtube.com/channel/UCbqtJqdtaAdKyAkicoZ8rRQ/live


2019年3月、私(半田)は念願だった中国東北部を訪れた。戦前「満洲国」と呼ばれた日本の植民地は私の父親の生まれ育った場所であり、また祖父が「新しい国家」建設に関わり挫折した場所であった。
長春(新京)をバスで巡った第一印象は道なりがほぼ当時と変わっていないという驚きであった。都市構造がそのまま残っているのを目の当たりにした時、日本の近代化との関係を考えてみたいと思った。
現代の都市計画運動の古典に「明日の田園都市/エベネザー・ハワード(著)」※がある。
これはハワードが産業革命後のロンドンを想定して著したものであるが、国を超えて近現代の都市計画に影響を与えてきた。またハワードが「明日の田園都市」改訂の際に「行政:俯瞰図」という章と、巻末にあった「補遺:水の供給」を削除している点に注目した。
本著の中でハワードは田園都市の発想を3つの磁石(町・いなか・町いなか)を置くことによって都市計画を展開した。私はこの「磁石を置く」ことを手掛かりに、6名のアーティストの作品を「6つの磁石」として置くことにした。磁石はそれぞれ「田園・都市・境界線・流通・歴史(日本・植民地)」とした。
「明日の田園都市」改訂前の削除された図式に注目することで、ハワードの真意とは何か、後世においてそれはどう機能したのかを表出したいと思う。過去と今現在の都市との関係性を可視化する試みである。

企画者:半田晴子
※「新訳」明日の田園都市/エベネザー・ハワード著、山形浩生訳、鹿島出版会を参照。


展示風景

展示風景

《TOTO TEN76G、HiMACS G87、AICA KMB9AGW、AICA K-6003KNによる洗面化粧台》
2020 人工大理石、木、ステンレス、塩ビ管、電線、鉄、鏡

展示風景

《神棚としての建築模型》
2020 木、紙、スチレンボード、塩ビ板、真鍮ワイヤー、陶器、水、米、塩、水、酒、造花榊、鏡、御札


壁沿いの洗面化粧台とそこから伸びている塩ビ管を含めた作品です。塩ビ管はギャラリーの水道に繋がっているので実際に使用できます。
百貨店の化粧室をイメージして鏡と白い洗面台と化粧扉を設置しましたが、台の側面が空いていて下が見えるようになっています。ここを見ると台の中に収納はなく、裏面の仕上げは木の素地のままです。また下台には洗面ボウルの重量を支える「台」としての役割はなく、配管を覆い隠す壁としてしか機能していません。不特定多数が利用する施設の洗面化粧台の多くは、利用者の目に触れないところは必要最低限の仕様になっています。水洗設備の接続や配管は各メーカーの指示書に従って施工しています。 表面だけを装った洗面化粧台はその仕上がりを施工者の技量や感性に左右されず、水洗の機能に特化した造形物として存在する。そして同形のものが街の至る所にあります。

作品のきっかけは保育園の洗面台を見たことです。その洗面台は小さく低く作られていて一見ミニチュアのような印象でしたが、園児が適切に利用できるサイズになっていました。これは「教育」の形だと思いました。手洗いやうがいのためより、衛生観念を身につけるための教育という概念が前景化している。そこで洗面台はひとつの概念が宿るもの、コンセプトの容れ物として見ることができるのではないか。
ハワードの著作の中で言及される「田園都市」というキーワードを、今回の展覧会にあたり半田さんが「境界線」と読み替え、それに沿って作品を出すよう依頼がありました。自分の関心と引きつけて街や都市計画について考えたとき、インフラとしての水の存在を思いました。
利用される水は街の隅々まで流れている。水道水には給水(上水)と排水(下水)という流れがあって、その流れが接して切り替わるちょうど真ん中に洗面台があります。境界にある造形物として作りました。作品を今ある街と切り離して考えるのではなく、文字通り「接続」してしまおうというものです。


神棚を作りました。通常は神社の形式のミニチュアの社殿が置いてありますが、そこにアートトレイスギャラリーの入っている建物「秋山ビル」の1/50スケールの建築模型を据えました。建築模型の手前と中に鏡と御札を置きお祀りしています。設置する位置やお供えするものは神棚の作法に沿っています。これも洗面台と同じで、設置者の感性や意図とは別の決まり事に沿って作られ、概念の宿るものとして存在しています。
建築模型は社殿として据えられた時点で、建物を模した縮尺のミニチュアではなくなります。計画に使われる模型という用途から離れ、神の依り代としての建物に変わり原寸の存在になります。もしくは物としてのスケールを持たなくなるということでもあります。

神棚は部屋の中に結界を張り空間を区切り神様の居所を作ります。ひとつの空間に別の空間を作るという入れ子の構造になっていますが、さらにそこに、建物と同形の社殿を入れることで入れ子を複雑にしています。
洗面台から伸びる配管はギャラリー内を通って実際の水道設備と繋がります。ギャラリーを見渡すと天井にも配管があり、それを辿って行くと外に出て地中に伸びているのが分かります。建物外観には電気配線や配管が縦横無尽に壁を這っていますが、建築模型にはこの配管や配線、窓枠など外観表面にあるものを表現しています。
給排水の境にある洗面化粧台や、人間の俗域と神の聖域を区分ける神棚は、内と外を隔てる壁面のようなものでもあり、物同士が接する界面でもあります。その間を通る配管は作品・ギャラリー・建物・街のそれぞれを繋げると同時に、その領域を曖昧にするようなものかもしれません。


トップ